最近よく読んでいただいてるページはこちら

Psyche – プシュケ|小さな物語

2016.12.4

ソレは、自分がイモムシであることを知っていた。
ニンゲンのコドモが得意そうに、トモダチに説明しているのを聞いた。
蟻や蜂が、ソレを醜いとからかい、あざけった。

ある日、ソレは、いつにもまして動きづらいと気づく。
あがくように身体をくねらせ、やがて動かなくなった。
蛹になったのだ。

ソレは夢をみていた。あたたかな、やわらかな、まぶしいような夢を。
ときに強烈な苦痛があったかもしれない。しかし、ソレは夢をみつづけていた。

やがて蛹が割れ、もがきながらソレは生まれた。タマゴから孵ったときとおなじような動きだったと、想ったかもしれない。
ソレは、夢とそっくりの、あたたかくやわらかな風で、濡れた身体を乾かした。

psyche

風が、くすくすと笑いながらソレに話しかけた。
「やぁ、生まれたばかりのチョウチョさん。もういいみたいだよ、その綺麗な羽を広げてごらん」
ソレは、自分がチョウチョであることを知った。

まぶしい光が射し込み、ソレに告げた。
生きろ

ソレは迷いもなく、すっかり乾いた羽を広げ、たよりなくひらひらと舞い立った。

ソレはどこかの花に惹かれ、とまるだろう。脚や身体に花粉をつけ、また他の花にとまるだろう。蜜を吸い、憩う。
その間に、命の橋渡しをしているのだと、ソレは気づくことがあるのだろうか。

ソレはいつか、自らの本当の名を、知ることになるのだろうか。